福山市共同募金委員会

  2013ポスター赤い羽根募金

 赤い羽根募金は共同募金の愛称で、毎年10月1日から12月31日までの3ヶ月間行なわれる「一般募金」 と、12月1日から31日までの1ヶ月間に行なわれる「歳末たすけあい」ならびに「NHK歳末たすけあい」に分けられます。広島県共同募金会では期間延長し、3月31日まで取り組んでまいります。
 共同募金は1913年にアメリカで始まり、日本では1947年に始まりました。
 アメリカで水鳥の羽を赤く染めて使っていたのをヒントに、1948年の第2回の運動から不要になった鶏の羽根を使うこととなりました。
 共同募金は、共同募金会という民間の団体によって、都道府県を単位として活動しています。
 広島県では、社会福祉法人広島県共同募金会が主体となり、福山では広島県共同募金会福山市支会として当社会福祉協議会が事務局となり活動しています。
 集まった募金は広島県共同募金会に全額送金し、地域の社会福祉施設・ボランティア団体・社会福祉協議会等へ配分されています。

  2015年度募金額 27,869,059円  ご協力ありがとうございました。

≪募金活動≫
戸別募金
 各世帯を対象とした募金で、自治会(町内会)ごとに取りまとめていただいたり、
 各世帯を訪問して行います。
街頭募金
 関係団体の皆さんのご協力のもと、駅前やデパート等で呼びかけています。
職域募金
 官公庁などの職場を対象に行います。
法人・個人募金
 民生委員さんのご協力のもと、企業を訪問して行います。
学校募金
 学校に募金箱を設置し行います。

 

≪募金の流れ≫
募金の流れの図

平成23年 NHK歳末たすけあい義援金助成で,新しい軽自動車を導入することができました。
皆様の善意に心から感謝申しあげ,大切に活用させていただきます。ありがとうございました。

配分を受けた車両

広島県共同募金会はこちら

【問い合わせ先】
福山市社会福祉協議会(福祉サービス課)
電話:084-928-1334 FAX:084-928-1331