福祉を高める会(地区社協)

 社協では、小地域で福祉活動を進めていく組織(地区社協)として、小学校区単位に「学区の福祉を高める会」を、また、町単位に「福祉会」を組織しています。
 さらに、学区の福祉を高める会として協働して活動する「学区ボランティアの会」を組織し、地域ぐるみの活動を展開しています。

takamerukai
活動事例  
・ふれあい・いきいきサロン ・おもちゃサロン ・小地域ネットワーク活動     
・配食サービス  ・一人暮らし高齢者訪問  ・三世代交流 ・地域ふれあい行事
・学区ふくしだよりの発行 ・福祉研修会  ・車イス・介護等の学習会
・男性料理教室  など

 

ささえあいサミット2018 

  ≪開催要綱・申込書(PDF)≫

1 主 催  福山市福祉を高める会連合会
        社会福祉法人 福山市社会福祉協議会

2  開催目的

 人口減少社会,少子高齢化,さらには地域の人間関係が希薄化していることもあり,様々な生活課題が発生しています。
 そうした中,国は今後の福祉のコンセプトとして「地域共生社会の構築」を位置づけ,社会福祉法において,住民に身近な圏域で,住民が主体的に生活課題を把握し解決を試みる体制づくりを支援することなどが示されています。
 では,地域共生社会とはどのような社会なのでしょうか?「生活する上で何らかの困りごとを抱えている人を,住民やボランティア,社会福祉法人等の関係機関・団体が,他人事として見て見ぬふりをせずに受け止め,関係機関・団体につないで,場合によっては自分たちの手で,その困りごとを,高齢者とか障がい者とか子どもとか仕分けせずに丸ごと解決できる,つながりと支え合いのある社会」と言えるのではないでしょうか。
  今回のサミットでは「地域共生社会」を理解し,その実現にむけて住民,ボランティア,社会福祉法人,行政,社協などそれぞれがどのような役割を果たしていくのかを考えるとともに,分科会において活動事例の情報発信と課題の把握や活動方法を共有します。

3 日 時   2018年(平成30年)7月11日 (水) 13:00 〜 16:30
4 場 所   沼隈サンパルホール他   住所:福山市沼隈町草深1890−4
5 内 容   基調講演
          
テーマ:住民一人ひとりの“生きがい”と“地域”をともに創っていく社会とは?
           講 師:ローカルリズム・ラボ 代表 井岡 仁志さん
         分科会 地域福祉活動・ボランティア活動の実践報告と意見交換
         全体会 分科会のまとめと共有

6 定 員   500人(先着順定員に達し参加できない方のみ連絡をさせていただきます。)
7 資料代  500円 ※当日,受付でお支払いください。



基調講演
        テーマ:住民一人ひとりの“生きがい”と“地域”をともに創っていく社会とは?
        講 師:ローカルリズム・ラボ 代表 井岡 仁志さん

iokasan


  講師プロフィール

 奈良市生まれ。
 滋賀県に移住し,2003年朽木村社協に入職。
 合併で高島市社協職員となり,地域福祉・VC業務を経て,2015年度から常務理事・事務局長。
 2017年から個人事務所で,地域福祉,ボランティア,まちづくり,災害支援に関するコンサルティング,コーディネート業務を行っている。
 日本ボランティアコーディネーター協会理事全国ボランティア・市民活動振興センター運営委員会委員 厚生労働省 地域力強化検討会委員などを歴任。

 

         分科会 地域福祉活動・ボランティア活動の実践報告と意見交換

分科会1


 社会的孤立を防ぐ取り組み

 〜つながりとささえあいのある地域をめざして〜

 高齢者の閉じこもり,孤立死,子どもの貧困や子育てなど,地域では孤立が原因の課題が発生しています。この分科会では,孤立を防ぎつながりのある地域づくりに取り組んでいる喫茶店風サロン,社会福祉法人,NPO等の実践事例を通して「ささえあいとつながりのある地域づくり」について考えます。

分科会2


 住民主体でつくる「おたがいさま活動(生活支援サービス)」


 社協では,関係機関・団体として連携をして,団塊の世代の人たちが75才を迎え,認知症やちょっとした困りごとを抱える人が増えることが予想される2025年までに「サロン」「見守り」そしてちょっとした困りごとの解決をお手伝いする「おたがいさま活動(生活支援活動)」等の地域のささえあいをさらに充実することをめざしています。この分科会では,今後,ニーズが高まるであろう「おたがいさま活動」に取り組もうとしている地域からの報告を通して課題等を共有します。

分科会3


 地域福祉を向上させる取り組み 〜キーワードは広げる〜


 地域のイベントを工夫して見守り活動にする取り組みや学区内の全自治会(町内会)に週1回のサロンのオープンをめざす取り組みなど,今ある活動を一歩前にすすめて,地域のささえあいを強化する活動を紹介します。
みなさんの地域でもちょっと工夫すると地域の絆を強める活動はありませんか?この分科会がヒントになったら幸いです。

 ※福山市では,2010年から「ささえあいサミット」を開催しています。
  2010年の第1回は福山平成大学を会場とし,福山市内の地域福祉活動を住民に啓発する集いとして開催しました。以降,市内各箇所(中心部・東部・西部・北部・南部地域)で開催場所を設定し,毎年開催しています。2018年度は第9回目となります。

【問い合わせ先】
福山市社会福祉協議会(福祉のまちづくり課)
電話:084-928-1333 FAX:084-928-1331