財源

 社協の地域福祉活動の財源は、主に特別・賛助会員からの会費、香典返しなどの寄付金、共同募金などを充てています。
 より充実した活動展開ができるよう、皆様のご理解・ご協力をお願いします。

会費
急速に進む少子高齢社会の中、社協の基盤強化を図り、地域福祉活動をより充実させていくため、個人・地域組織・企業等の皆様に会員制度をお願いしています。
社協活動は会員制度に支えられています。

2016年度会員募集チラシ

会員口座振替のご案内チラシ


年会費
○賛助会費 一口    500円
○特別会費 一口  5,000円
※何口でもご加入できます。
特別会費にご加入いただきますと、ふくやま福祉だより『ほほえみ』に掲載報告いたします。
納入方法
直接窓口へ
  お近くの事務所までお願いします。
銀行振込
  会費専用振込用紙の場合、広島銀行・福山市農協は手数料無料。
口座振替
  全ての金融機関で口座振替ができます。


寄付金

香典返し・見舞返し・バザー収益・記念催事などの寄付金は、ふくやま福祉だより『ほほえみ』に掲載報告し、寄付者の主旨に沿う活動へ充当しています。
※寄付金は、所得税控除や事業所などは損金算入などの優遇措置制度があります。

福山市社協への寄付金は、「税額控除」制度の適用を受けました。詳しくはこちらをご覧ください。




共同募金
赤い羽根共同募金で集まった募金の一部を配分金として受け、福祉を高める会等の活動費として市全域へ充当しています。


基金
「泣きながら笑う日福祉基金」
「福山市社会福祉協議会福祉基金」
「MOA福祉基金」
「ふる里福祉基金」
「ボランティア基金」
「青山ボランティア基金」
「かんなべ福祉まつり基金」
  などを運用し、目的に沿った事業へ充当しています。


補助・委託金
社協は民間団体とはいえ、住民の福祉を支える活動に携わる公共性のある団体でもあるため、
人件費や事業費には公費の補助金が導入されています。
また、行政が責任を持つ公的な福祉サービスであっても、民間の特性を生かした運営が必要
な場合には、行政から委託金として運営費が導入されています。


介護保険収入
介護保険の導入により、訪問介護事業・居宅介護支援事業の収益を、社会福祉協議会が実施 している地域福祉事業へ充当しています。


収益金
収益事業として貸店舗の賃借料により、福祉教育へ充当しています。


【問い合わせ先】
福山市社会福祉協議会(総務課・福祉サービス課)
電話:084-928-1330・1334 FAX:084-928-1331